>
>
業者選びの3つのポイント

業者選びの3つのポイント

 

 

 

 

 

塗装工事は金額だけでは判断できません。

内容を明確に記載されていない「一式」とかかれている見積り書は危険がいっぱいです。

口約束と変わらないからです。

何を、どれだけ、どの工法で、という内容をしっかりと確認する必要があります。

 

 

 

 

塗料にはメーカーが定めた仕様書があります。その基準をコストダウンのために守らない業者がたくさんいます。

基準をクリアしていない場合本来の性能は発揮されません。

大幅な値引きで即決させようとする業者はその傾向が強いので、価格だけで判断しないように注意が必要です。

 

 

 

 

突然の訪問で来る業者で工事をし保証書があるにも関わらず保証を受けれないという相談はよくあります。

社歴の浅い会社や遠方の会社はその可能性が高いです。

社歴の長い会社は、トラブル等が少なく、保証に関しても信用があると判断できます。

 

 

 

 

                                         

 

【相談事例 1】

以前床下にシロアリ防除を依頼した業者が「点検」と言って来訪し、「床下コン クリートにヒビが入って家が傾いている。地震があったら危険だ」と補強工事を勧められ た。断ったのに勝手に床下と(それに関連するという)2 階部分の工事をしてしまい、代金 を請求された。

 

【相談事例 2】

「無料で屋根の耐震診断をする」と業者が来訪した。

断ったが、屋根の様子をビ デオで撮り、「危ない。今なら安くできる」等と屋根のリフォーム工事を勧められ、

断りき れずに契約してしまった。翌日解約の意思を伝えたが、結局説得されて解約できなかった。

さらに、施工内容が杜撰だったために工事中に天井に染みができた。

クレームを言ったが、 きちんと対応しない。

当初から何回も断っていたのに、納得できない。

 

【相談事例 3】

「リフォーム後の住宅をチラシの写真モデルとして使わせてくれれば、大幅値引 きする」と電話があり、

来訪してもらった。総額 440 万円のところを 295 万円に値引くと のことだったので、仮契約のつもり

で押印したが、工事見積書と図面が届かない。

また、 正式契約は図面等で詳細な内容を確認してからと思っていたが、勧誘当日に押印した書面

がそれに当たることを後で知った。不信感が募るので解約したい。

 

情報元:国民生活センター