雨漏り診断

 ニシマツホームはこれまでたくさんの雨漏り補修実績があります。

その経験から、雨漏りが起こりやすい箇所や原因を熟知しております。

 

 

 

まずは目視で雨漏りしている箇所の確認を行います。

いくつか思いつく雨漏りの原因箇所を予測します。

 

雨漏りしているところの特定と原因を突き止めるために散水調査を行います。雨漏りが疑われる場所にシャワーで水をかけて雨の日を再現します。

※雨の日に散水調査を行うとどこから漏れているかが分からないので、雨の日は調査を行うことができません。

一箇所だけでは特定できない場合は別の場所を調べます。

それだけでは特定できない場合もあるため、その時は他の方法と併せて調査を行います。

 

 

雨漏り原因を突き止めるために建物を高感度赤外線カメラで撮影して検査する方法です。

写真は和室の天井部分からの雨漏りの様子です。

赤外線カメラで撮影すると、雨漏りしている部分の色が変わって見えため、水の通り道や浸入経路の場所の特定につながります。

 

目視、散水調査に加え、赤外線サーモグラフィーカメラの導入により、

目に見えない部分の雨漏り調査の精度がさらに上がりました。

 

雨漏りは一度起きると原因を探すのが大変難しいことがあります。

雨漏りでお悩みの場合は、是非一度ご相談下さい!