もっと売電

 

 売電って?

太陽光発電された電気は、全部電力会社に売るのではなく、

まずは自分の家で使う分が消費されます。

発電した電気全部ではなく、まずは家で消費して、

それでも余った電気を売ること(=売電)ができる、という事です。

このように、余った電気を余剰電力ともいいます。


 

余剰電力買取制度とは

2009年11月1日から、売電の単価が2倍に値上げされました。

それまで売電の単価と買電の単価は同等価格(条件にもよるが24円/kWh程度)だったのが、

日本政府が太陽光発電システムの普及を後押しするために、買い取り価格を向こう10年間、

およそ2倍の48円/kWhにすることにしました。この制度を余剰電力買取制度といいます。

 

現在は、再生可能エネルギーの導入拡大を図るため、

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により、

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」(以下、『再エネ買取制度』といいます。)が

平成24年7月1日から開始されました。




 

 

売った電気は、電力会社に戻るのではなく、外の電線に戻っていって、

ご近所の家で使ってもらうことになります。

自分が作った電気を、ご近所に使ってもらって、

エコに貢献できるってちょっとすごいことですよね!

枯渇しない、クリーンな自然のエネルギーを利用しない手はありません。


ちなみに、この買電と売電のメーターは別々になっているため、

例えば1カ月に1万円分の買電があって、同時に1万円分の売電があったとすると、相殺される、

というわけではありません。

電気代の明細と売電分の明細は別々で、電気代は通常通り請求され、

売電した分は指定の銀行に振り込まれます。

 

 

 

2009年11月1日からはじまった余剰電力買取制度で、売電価格48円に引き上げられました。

 

ですが、2011年の4月以降からは、徐々にに引き下げとなっています。


 

 

 

例えば上記の明細でみると、

・48円の場合・・・421×48円=20208円

・42円の場合・・・421×42円=17682円

・38円の場合・・・421×38円=15998円

・37円の場合・・・421×37円=15577円

・35円の場合・・・421×35円=14735円

・33円の場合・・・421×33円=13893円

 

月々これだけ変わると、結構な金額です。

しかも、売電価格は毎年引き下げていく見込み。

太陽光発電設置は早めにされることをオススメします。

 

 

売電分の口座は貯金用ということにして、できるだけ昼間は節電して、

毎月の振り込み額を楽しみにしている方が多いようです。

毎日の売電量がどのくらいかを太陽光発電設置の際につけた

モニターでチェックしてるので家族の節電意識も自然とアップした、というお声もよくお伺いします。

主婦の方は毎月稼いでるような間隔で節電できるので、とくに楽しいようです。

 

 

で、この余った電気の買取価格の財源は、どこからきているの?

ということなんですが、実は、

電気を使用している国民全員が負担しています!

そして、2011年4月から負担ははじまっています。

 

 

この負担金のことを、太陽光発電促進付加金

またの名を、太陽光サーチャージといいます。

 

平成24年7月1日から開始された再生エネルギー買取制度に関しても

太陽光や風力等の再生可能エネルギーによって発電された電気を

法令で定められた価格・期間で電力会社等が買い取り、

買取りに要する費用を「再生可能エネルギー発電促進賦課金」として、

電気使う全ての人が負担する制度です。