>
>
水まわりのリフォーム時期の見極め

水まわりのリフォーム

風呂、洗面、トイレ、キッチンなどの

■水まわりリフォームの時期の見極め

■おトクなリフォーム方法

■リフォーム前に要チェック

など、水まわり リフォーム 成功のコツをご紹介します。

 

 

 

水まわりリフォームは時期が大切です。 

リフォーム のタイミングを逃して劣化が進むと、それだけ費用が多くかかります。

小さな水漏れでも放置しておけば内部で腐食が進みます。

外見上は問題が無くても、目に見えない部分で進行している可能性もあります。

 

 

 

 

 


 

浴室リフォームで築15年~20年程度の風呂を解体すると、

土台や下地材が腐食している光景によく出会います。

 

こうなってしまうと、風呂をリフォームする費用に加えて、

構造部分の補修費用が必要になります。

 

また15年を過ぎると水まわり設備の傷みや汚れが目立つようになり、

もっと快適に便利に暮らすために新しい設備が欲しいという希望も出てきます。

風呂、洗面、トイレ、キッチンなど水まわり設備の新製品は、

掃除がしやすい新素材が使われていたり、デッドスペースを収納にするなどの工夫や

節水・節エネルギーになっていて、快適・便利にしてくれるだけでなく省エネ・エコにもなり、

暮らしが変わります。

 

 

 

 

 

 


水まわりのリフォームの好期は、築15年を過ぎた頃が目安です。

もう少し早くリフォームしていればここまで大変な工事にはならなかったのに…

と言うようなケースもよく見かけますので、

水まわりリフォームは一歩早めのタイミングを心がけましょう。