>
>
リフォームのここがポイント!

リフォームのここがポイント!

 10年目に注意する事

 


 

 

10年目は、屋根・外壁・床下など、構造的に大切な部分の点検やメンテナンスの時期にあたります。

この時期にしっかりとメンテナンスを行わないと、その後のメンテナンス費用に大きく差が出てきます。

屋根、外壁の塗り替えサインを見逃さないようにしましょう!

 

外観がきれいになると、まるで新築のようになります!


外壁塗り替え施工例はこちら

 

塗装の流れはこちら

 

塗装の種類と価格はこちら

 

 

 15年目に注意する事

 

          

15年目は一番おおきなリフォームのタイミングです。水周りや内装の傷みに注意してください。

見た目がきれいでも、見えない箇所、下地などが腐食しているケースが多く見られます。

大丈夫、と思っていても、点検はしておいたほうがいいでしょう。ちなみに彼は要注意人物ではありません。

 

 

 

 20年目に注意すること

 

 

 

これまでの劣化がさらに加速し、サッシの劣化やコンクリートの基礎にクラックが入ったりと、

構造部分の劣化が進むと、普段メンテナンスをしている家と劣化を放置していた家とで、

およそ1,000万円近くも差がでると言われています。

普段メンテナンスを定期的にしていれば、余計な補修費用はかからずに済みます。

 

 



ニシマツホームは、入会費・年会費・出張費無料のメンバーズクラブ「松」の会員を募集しております。
メーカー等のメンテナンスだと出張費だけでお金がかかってしまいがち。
出張費無料の「松」会員様になれば、お気軽にメンテナンスをしていただけると思います。


「松」入会の詳細はこちら

 

 



もし、劣化がすすみ、建替えのほうがよいのではないか?
とお考えであれば、リフォーム費用が建替えに必要な費用の7割を超える場合、
建替えをご検討させることをお勧めします。
もちろん、建替えのプランもご提案させていただけますので、建替えをご検討の方もお気軽にお問い合わせ下さい。

建替え・注文住宅の詳細はこちら



一戸建てはマンションと違って、修繕積立金がありません。
マンションならば、定期的に費用を払っていれば、管理人主導のもと、担当の業者がやってくれます。
一戸建ては、お客様自身が管理人となりますので、メンテナンス修理の費用として、
リフォームのための修繕積立金を確保しておきましょう。
 

メンテナンス計画表