>
りらいふ特集ページ
>
りらいふ特集記事vol.7

りらいふ特集記事vol.7

     

 

二重サッシ

トステムのインプラスは、今ある窓につけるだけ!たった1日、数時間で施工が完了します!

 

しかも、効果は抜群!!!

冬の暖房時、熱が逃げ出す割合のおよそ半分は窓からなんです。

高断熱複層ガラスだとなんと年間の消費電力量が23.3%も削減できます!

さらに、インプラスは、

復興支援・住宅エコポイントの対象商品です!

 

カーテン

 ひとくちに「カーテン」と言っても、素材や厚みなど種類はさまざまで、

その使い方(吊り方)によっても省エネ効果は変わるようです。

 

ナチュラルモダンコーディネート例

サンゲツCK-2236 ウォッシャブル(家庭用洗濯機で丸洗いOK)

 

サンゲツさんのホームページに載っていた、

インテリアでできる省エネ対策をご紹介します!

 

  • 厚手の生地、しっかりとした織りで目の詰まったもの。このようなカーテンほど省エネ効果が高くなります。
  • 夏・冬、どちらともカーテンがある・ないでは全然効果がちがいます。
  • 窓やドアなどの開口部から逃げていく熱を食い止め、冷たい空気を追い払いましょう!

 

カーテンの吊り方

カーテンによる窓の覆い方も

省エネには大きなポイントです。
窓ガラスの部分だけを覆うよりも、

天井近くから床まで垂らす方が効果的です。
また、一重吊りよりも、ドレープとレースの

二重吊りの方が省エネ効果は高くなります。

 

 

カーテンのヒダ

カーテンのヒダをたっぷりとると、

窓ガラスと室内との間にできる空気の層が厚くなるため、

外気が伝わりにくくなります。

 

 

 

裏地の利用
厚手(ドレープ)カーテンに「裏地」を付けることで、省エネ効果が高まります。
表地ではデザイン性の高いドレープ生地を使用し、裏地には遮光性のある生地を付けることで、デザイン性、機能性の両方を兼ね備えたカーテンとすることができます。

 

LED

 最近、節電のため特に大人気のLED!


寿命は40,000時間(だいたい10年くらいもつ程度)だといわれています。

マンションの共用廊下など大規模修繕工事の際一気にLEDにする、
というところも多いようです。

また、熱をもたないため、写真や絵画など、美術館などにもGOOD!

紫外線をださないことから、虫が寄ってきにくい

ということで、外まわり、お庭の照明などにもオススメです!

取り替えにくい場所の照明からお試しするのもおすすめですし、
お家全体の照明計画を立てて、ガラリと雰囲気を変えてみるのもいいですよ◎

 

パナソニックさんの製品で、2011年秋の新商品のLEDのシーリングライトをピックアップしてみました。

ボタン1つで色んなシーンに対応できます。

最近は色々と便利なものがあるので、ビックリ!です。

  

リモコン 

商品について、詳しくはパナソニックさんのHPでご確認ください!

※商品は廃盤になる場合がございます。予めご了承ください。

 

インテリアのカラー

 

暖房も断熱もばっちりで部屋は暖かいはずなのに、なんだか寒々しい感じがする部屋・・・

その答えは、インテリアの色使いと照明器具の電球の色ではありませんか?

 

青系の色合いを 「寒色」、赤系の色合いを 「暖色」 と呼びますが、

実はこの寒色と暖色、体感温度が2~3度は違うと言われているようです!

 

つまり同じ部屋でも、色によって暖かく感じたり、寒々しく感じたりする、ということです。

照明器具の電球の色も、電球色と呼ばれる黄味を帯びた暖かい光にしておくと、

部屋全体がやわらかく暖かい雰囲気になります。

 

 

明るいが、あたたかみよりも爽やかさの方が勝っている空間。

  照明がオレンジっぽくなると、あたたかみのある、落ち着いた雰囲気となり、家族だんらんでほっこりできそう。
 
色がすくなく、メリハリのない空間。   ちょっとさし色を加えるだけで、あたたかみのある空間に♪

 

つまり、部屋の色と照明器具を変えるだけで、体感温度が2~3度アップ!

その分の暖房費用を節約しながら、暖かな冬を過ごすことができます。

 

電気畜熱暖房機

 

深夜電力などの割安な電力を利用して蓄熱レンガに熱をため
その熱をファンなどで取り出し、お部屋をあたためます。

電気を利用するので、火を一切使わず、お部屋の空気を汚さないので、安全でクリーン。
「高気密高断熱」住宅におすすめな暖房器です。

 

【こんな方におすすめします】

 

  • 窓の結露や、カビに困っている
    「暖吉くん」は水蒸気を発生させません。結露の発生原因にもなりません。
  • 灯油の補給が大変!
  • 灯油の臭い、気になる!
  • 空気の汚れが気になる!
    電気暖房ですから、燃料補給の必要なく、嫌な臭いもありません。
    空気を汚さず安心、安全な暖房システムです。
  • お部屋の温度差が大きく、辛い・・・
  • エアコンの風が気になる!
    輻射暖房によりお部屋の温度差がほとんどありません。
    陽だまりのような暖かさをご提供いたします。

暖房器具は窓の下におくのがいいのはなんで??

 

 

○窓側に暖房機器をおいた場合

  ×窓と逆側に暖房機器を置いた場合

あたたかい空気は上にあがり、窓の付近の冷たい空気を温めて天井のほうに上っていきます。

そして対面の壁に当たって下のほうに降りてきます。

 

あたたかい空気は上にあがり、対面の冷たい空気の窓にあたって冷たくなった空気を足元に運んでしまいます。

 

 

部屋全体の温度差は三度程度にもなるとか!
こういった空気の流れ(対流)であたたかさに差が出てしまうようです。

足もとがあたたかいと体全体が冷えてしまいます。

 

カーテンなど燃えるものが近くにないようにくれぐれも注意して、

暖房器具をさっそく動かしてみてはいかがでしょうか!

 

床暖房がおすすめ!の理由

床暖房とは床面を加熱してその床表面から放射される輻射熱によって暖房するもの。

 

輻射熱は人体にあたっても暖かく感じさせますが、同時に部屋の中の壁や天井、家具などにも吸収され、

それらが再び放射され、室内の空気を暖めます。


身体のどこか一部だけを高温にする暖房と異なり、床から天井にかけて

均等にあたためることができる床暖房は部屋の中に温度差を生じさせにくい性質をもっています。

 

 

輻射熱を利用する床暖房の場合、床面付近の快適さはもちろん、

部屋全体の温度にムラがなく、均一な暖かさを保つことができます。

 

机で勉強していても熱気でぼーっとなったりしづらく、お年寄りにとって命取りになりかねない

 

冬の気温差をおだやかに抑えられるのです。

 

そのため、部分的な暖房機器ではなく、部屋全体を暖める主暖房として使用することが可能です。

 

また、空気が乾燥したり、汚れる心配もありません。

操作はリモコンで行い、部屋の中に機器を設置することがないので、すっきりとした空間となることも魅力のひとつです。

 

“風”が起こらないとどういうメリットがあるかというと、ホコリやダニの死骸などのハウスダストが舞い上がらないので

「空気が汚れない」のです。

ハウスダストを原因とする、ぜん息やアレルギーなどの症状が

軽減したという声も多いようです。

 

 

 遠赤外線を利用した「ふく射熱」が壁や天井に反射し、室内全体を暖めます。

また、床からの「伝導熱」によって"頭寒足熱"の理想的な環境をつくります。

 

 

暖房で肌が乾燥するのは、温風で皮膚の水分が奪われてしまうから。風を起こさない床暖房はお肌を乾燥させず、

女性には嬉しいポイントです。湿度を下げず乾燥を防ぐから、室内の建材や家具などにも悪影響を与えません。

 

 

 ストーブなどのように、床暖房には室内に燃焼させるものがないから、お子様やお年寄り、病気の方がいるお部屋でも安心。

空気の汚れもにおいの心配もありません。

 

 

床暖房は、ファンヒーターやストーブのように本体が室内に露出することはありません。

コードなどもないので空間がスッキリ保て、スペースを有効に使えます。もちろん、ファンなどの音もないので静かです。

 

床暖房には、温水式と電気式があり、また、施工の方法も様々。

 

簡単にリフォームできるものから、時間はかかるがランニングコストが抑えられるものまで様々。

 

わからないことがあったら、なんなりとニシマツホームにお問合せ下さい。