太陽光発電って?

 

 

クリーンで枯渇しない

太陽光発電は、その名の通り太陽の光を利用しますので、エネルギーが枯渇することがありません。また、発電時には二酸化炭素などの大気汚染物質を排出しないなど、とても環境に優しいシステムです。

 

設置場所・規模の自由

太陽光発電は発電効率が導入規模に依存しないため、大規模施設から一般家庭まで設置したい場所にあわせた規模が

選べます。騒音や排出物もなく、日射量さえ確保できればどこでも発電可能なため、設置場所が限定されません。

屋根や屋上のほかビルの壁に設置するケースも増えています。

 

お手軽メンテナンス

太陽光発電システムは構造的にシンプルで、システムの寿命も比較的長く、

現在、太陽光発電に用いられる太陽光パネルの耐用年数は20年以上といわれています。

過度なものでなければ、パネルの汚れも雨風が流してくれるため、数年に一度の点検のみで

ほぼメンテナンスフリーといえるのです。

 

余った電気を売ることができる

発電して使用した余りの電気を電力会社に売ることができます。

太陽光発電による売電価格は下がっていくと予想されており、

早めに設置した方が高い価格での売電が可能になりそうです。

 

災害時の非常用電源が確保できる

万一、災害などで停電した場合でも、太陽光があれば交流電力を出力できます。

発生した電気を非常用電源(最大出力1.5kVA)から使用することができます。

※出力できる電力は太陽光の状態によります。また、メーカーによっては使用できないこともあります。

 

1 太陽電池モジュール

太陽光の光から直流電力を作ります。

単結晶タイプのパネルであり25年間の出力保証がついています。

 

2 接続箱

屋根上の太陽電池モジュールからの配線をまとめるものです。

雷等による高電圧の保護機能あり。

 

3 パワーコンディショナー

直流電気を交流電気に交換します。

万一の停電のときにも威力を発揮。

側面のコンセントより電力出力します。

 

4 発電モニタセット

発電状況を見ることができます。

計測ユニット、電流センサー、発電モニタのセット。

 

5 住宅内分電盤

太陽光発電と電力会社からの電力を家庭内の電気製品に送ります。

 

6 売電メーター

太陽光発電にて生まれた電力が消費電力を超え余ったとき、

売る電力を計測します。

 

7 買電メーター

電力会社から購入するメーター

夜間や雨天時など発電量が消費電力より少ないとき計測