>
>
なぜ塗装が必要か?

なぜ塗装が必要か?

 

 

塗装をする目的は、なんでしょうか?

一番大切な塗装の目的は、建物を守るため』。

紫外線をまともに受け、雨風にさらされ、湿気や熱を帯び、汚れが付着し、カビ・コケなどが発生します。

建物は想像以上に厳しい条件にさらされているのです。

 

塗膜は永久的なものではありません。どんどん劣化していきます。

この塗膜には寿命(耐用年数)があり、塗膜が劣化し痛んでしまうと屋根材や外壁材などが直接、

雨や紫外線を受けてしまうことなり、住まいの構造体の劣化や雨漏りの要因になってしまいます。

 

お住まいを守っていくためには、住宅の一生の間に2~3回、塗膜の寿命に応じて、

屋根材や外壁材の「塗り替え」が必要となってくるのです。

 

屋根や外壁サイディング、外壁タイルなどについても、理屈はまったく同じです。

これらの外壁も定期的なメンテナンスが必要です。

 

サイディングの継ぎ目をコーキング剤というもので塞ぐのですが、

コーキング剤も永久には持つものではなく劣化していきます。

 

劣化したまま放っておくと、そこから内部にどんどん水が入り込んできますので、

必ずコーキング剤の打ち替え(旧コーキング剤を全て撤去し、新しくコーキング剤を打ち直すこと)、

もしくは増し打ち(旧コーキング剤を撤去せずに、その上から新しくコーキング剤を打つこと)をしなければいけません。

 

 

 

劣化した目地

このような状態ですと、水がどんどん入り込んできます。

 

コーキング剤を打ち替えた後

これで、外的要因から建物を守ることができます。

 

 

お家がまるで新築に!

外観をかえて、気分もリフレッシュ!!

 

また、塗装の役割は単に建物を保護するに留まらず、外壁や屋根、バルコニー廻りや玄関周りなど

好きな色にすることができ、まるで新築のような見栄えになります。

 

定期的なメンテナンスで、大切なお住まいを守り、ながく快適に暮らしましょう!