>
>
社長自ら塗装して見えてきた真実

社長自ら塗装して見えてきた真実

 

 

 

塗装業界は一部の業者を除いて下請けによる工事が主体です。

下請けは元請けの利益の為に厳しい値段を強いられ、手抜き工事をすることは決して珍しい話ではありません。

そういった実態があるから、塗装のクレームが減らないという現実があります。

 

きちんと塗装をすれば、その分の工期がかかります。

人の手がかかっている分、人件費がかかります。

材料代だけ削っても、そんなに安くなるものではありません。

どう考えても、その価格じゃ無理だろうというところは、やはりあります。

そういう会社は、手抜きをしてるだろうと思われます。

 

では、どこで手を抜くか?

手を抜かれやすいところがあります。

 

 

 

契約した塗料とは違う、安い塗料で施工する

 

グレードが違う塗料は見ただけでは分かりません。シリコン塗料なのか、ウレタン塗料なのか。

国産の一流メーカーの塗料なのか、粗悪な安い塗料なのか。

それをいいことに、契約した塗料とは違う安い塗料で施工する業者が後を絶ちません。

仕上がりに差が出てくるのは数年後。悪徳業者はメンテナンスなど当然してくれません。

 

作業工程を省く

 

元請けが利益をだしたい為に下請け業者が安い値段・短い施工日数で工事を請けさせられ、

やむなく工程を省くことになります。これは業界ではよくある話です。

3回塗りのところを2回(または1回)しか塗らない。塗料メーカーの規定している乾燥時間を守らない。

ひび割れなどの補修やケレン作業など塗装前の下地の工程(下記の下地処理)を省く。

様々な作業工程を省いて工期を短くし、人件費を抑えます。

その結果、数年後には塗膜が剥離してくるような施工不良が起こります。

 

下地処理をしない

 

塗装工事で一番時間を費やすのが、下地処理です。

経費を削減する場合、一番大切な下地処理をしないということもあり得ます。

塗装の最重要工程は下地処理ですが、塗装は上から塗り重ねてしまう為、

見た目には下地処理がどうなっているのか判断できません。

そのため、手抜き工事が発生しやすい工程でもあります。

 

以前お客様からこんなお話を伺いました。

 

 

「前回塗装をお願いした業者さんは外壁のひび割れもそのまま、

 

鉄の手すりも古い塗装の上からそのまま、補修もせずに塗装していた。

 

安かったからお願いしたけど、とても後悔しました。」

 

 

無理な費用で受けた分、施工現場では必ず無理が生じ、手抜き工事につながります。

大手であっても下請けにきちんと費用を払っていない場合、このような現象は起こります。

 

安かろう、悪かろうではなく、

本当にお客様のおうちのことを考えて施工してくれる会社を選んでください。

 

「見積りをとったが、見積りの見方が分からない」

「 施工内容について尋ねたが、工事のことがわからないのか、きちんと説明してくれない」

「相見積もりだが、見積りを出してほしい」

「塗装について分からないから、相談だけでも乗ってほしい」

このようなお悩みがある場合は、お気軽にニシマツホームまでお問合せ下さい。

 

そして、よく皆様が気にされている「塗装の適正価格とは?」

については次ページにお進みください。